トラベルトラベル

マイレージを利用して年に数回海外へ。大好きなバンコクに行くため日々奮闘中です!マイルのことやら旅行記など気ままにつづります。

バンコクで一番癒されるおすすめのカフェ Dog inTown へ行ってみた!

今回のバンコク旅行で一番私の印象に残っているのはエカマイにあるドッグ・イン・タウンというカフェ。
BTSエカマイ駅からは少し距離はありますが、犬好きの方ならぜひ行ってみてほしい癒しのカフェです💛
 

Dog in Town の場所  

 

 

 

Dog in Town への行き方 

 

BTSエカマイ駅からエカマイロードを真っすぐ進みます。
Big Cの手前の道を右折してしばらく歩くと右側に看板が見えます。
私たちはプロンポンのホテルからタクシーを利用しました。
近くまで行くも看板が見当たらずドライバーさんもしばらく一緒に探してくれました。とても親切なドライバーさんでした。
運賃は85バーツ程でした。あまり知られていないカフェなのでタクシーで行く場合はBig Cの近くでで降車して歩いていくといいかなと思います。
とても静かな住宅地にあり落ち着いた環境です。案内にそって入っていくと広い芝生の奥にカフェの入口が見えます。
近くまで行くとスタッフさんが声をかけてくれたので中に入ってみました。

カフェの様子

 

f:id:nana2924:20171011102040j:plain

 

 

 

f:id:nana2924:20171011102151j:plain

 

ワンドリンク制なのでこちらのカウンターで飲み物などを注文します。
時間などの制限はないのでゆっくりと食事をしながらワンちゃんと過ごしている方が多い感じでした。 

 

f:id:nana2924:20171011102242j:plain

 

店内はとてもおしゃれ、照明がすごく素敵でした。 

 

f:id:nana2924:20171011102349j:plain

 

 飲み物は100バーツ程度でした。

 

f:id:nana2924:20171011102426j:plain

 

私がオーダーしたのはホワイトチョコレートのアイス。
甘さ控えめで美味しかったです。(120バーツ)

 

f:id:nana2924:20171011102518j:plain

 

皆さんすごくリラックスされてます。

 

f:id:nana2924:20171011102621j:plain

 

近くに寄ってきてくれます。かわいい♡

 

f:id:nana2924:20171011102714j:plain

 

しばらくするとワンちゃんのお食事&お散歩(運動)タイム。
思いっきり走ったりじゃれあったり。見ていてとても微笑ましい風景でした。
この間はワンちゃんは店内には入れてもらえないのですが中に入りたそうにしている子もいました。(笑)

 

f:id:nana2924:20171011102820j:plain

 

 

 

f:id:nana2924:20171011103123j:plain

 

 

f:id:nana2924:20171011103248j:plain

 

 

f:id:nana2924:20171011103451j:plain

 

お散歩から戻るとお昼寝タイムでしょうか?すっかりくつろいでます。
サービス精神旺盛なワンちゃんはとびきりいい笑顔で写真撮影に応じてくれます。

f:id:nana2924:20171011121731j:plain

 

この時大阪から来ていたかわいらしい女性の方が声をかけてくれました。
これもご縁と一緒に写真を撮ったりしたのだけれど私たちワンちゃんに夢中であまりお話ができなかった。後から娘がもう少しお話しすれば良かった仲良くなれたかもしれないのにと後悔してました。
同じ関西からどこかで得たでわずかな情報からこちらのカフェを訪ねてきて巡り合ったのですから…。
もしかしていつか私のブログを読んでもらえることがあったならほんとにご縁があるかもです。
そしたらほんと嬉しいです。

 

あとがき

 

このカフェを訪れるきっかけとなったのは1枚のインスタにアップされていた写真でした。
この夏私たち家族にとってとても悲しい出来事がありました。
それは14年間家族の一員として私たちを癒し続けてくれた愛犬とのお別れ…。
高齢ではあったけれど若々しくいつも元気に飛び跳ねていた。
それはあまりに突然の出来事でした。いつかその日が来ることはわかっていたのだけれど…。彼は病と最後まで戦った。力の限り戦っていたの…。見ているのは本当に辛かったけど私はずっと側にいて見守っていた。彼は最後まであきらめずに生きようとしていた。
よくがんばったね。
数日間戦った彼は最後はとても静かにそして穏やかな表情でそっと眠りについたの。

 

彼がいなくなってとてつもない淋しさが襲ってきた。
彼の事だけを思って数日間を過ごしていたように思う。
それでもねしばらくたつとみんな自分のスマホに保存されてる彼の写真を集めてアルバムをつくったりして少しづつだけど元気を取り戻していった。

そんな時、娘がインスタにアップされてるバンコクのドッグカフェの画像を見せてくれたの。
そこに写っていたのは彼と同じ犬種のワンちゃんが一匹。
どうしてももう一度あのぬくもりを感じたいと思う気持ちが心の底から溢れてきた。抱きしめてみたいその気持ちを抑えることが出来ず、キャンセルしようと思っていたバンコク行を決行することにした。
あの子に会ってみたい。そう思った。


実際カフェであの子を見つけた時はもうドキドキが止まらなかった。ただその子だけを目でを追っていた。(笑)
でもね抱きしめることはできなかった。その時分かったんだけどそういう性質なのね。彼もそうだったけどいくら呼んでも近くには来てくれない、でも自分が甘えたい時だけはそっと近づいてきて横で丸まってたりする。
まるで猫みたいといつも家族で話してた。

 

f:id:nana2924:20171011121842j:plain

 

じっと待っているとやっとチャンスが来た。そっと撫でてみた。
あったかい。とてもたくましくって引き締まった体、毛の質は少し硬くて彼とは違っていた。そうねこの子は彼じゃない。
なんだかほっとした。どういう気持ちかわからない複雑な心境…。
しばらく彼の面影と重ねながら見守っていた。
いつまでもきりがない。
思い切って腰を上げる。『また来るね!』って声をかけお店を後にした。

 

かわいいワンちゃんたちをみていたらとても元気が湧いてきた。
来て良かったって心からそう思った。ほんとにありがとう💛


 

www.sora-tabi.xyz

 

 

 

www.sora-tabi.xyz

 

 

www.sora-tabi.xyz